• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

平成19年度 第2回 救済業務委員会

開催案内

(1)日 時

 平成19年12月13日(木) 午後2時~

(2)場 所

 医薬品医療機器総合機構 6階西側会議室
 千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

(3)議 題

(1)平成19年度10月末までの主な事業実績及び今後の取組みについて

(2)平成20年度以降の副作用拠出金率について(案)

(3)その他

(4)傍聴者の受付

 30名程度(応募者多数の場合は抽選を実施)

 傍聴を希望する方は、FAX又は電子メールにより、別紙様式にご記入のうえ12月4日(火)までに独立行政法人医薬品医療機器総合機構(連絡先等詳細は下記)までお申し込み下さい。電話での申し込みはお受けいたしません。

  • 応募者多数の場合は抽選を実施します。
  • 抽選の結果、傍聴できない方は、12月10日(月)までに連絡いたします。
  • 傍聴可能な方に対しましては、特段連絡はいたしません。

※報道関係傍聴者は、原則として1社につき1名とさせていただきますのでご了承ください。

(5)独立行政法人医薬品医療機器総合機構運営評議会 救済業務委員会について

別紙 委員名簿

(6)連絡先

  住所

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 企画管理課企画係

  担当

新垣

  TEL

03-3506-9460

  FAX

03-3506-9439

  メールアドレス

kyufu@pmda.go.jp

 

議事次第・資料

平成19年12月13日

  1. 開会
  2. 理事長挨拶
  3. 議題

    (1)平成19年度10月末までの主な事業実績(4月~10月)及び今後の取組みについて

    (2)平成20年度以降の副作用拠出金率について(案)

    (3)その他

  4. 閉会

配付資料一覧

 ※ファイルのサイズが大きいので、ダウンロードしてご覧下さい。

資料1

平成19年度10月末までの主な事業実績(4月~10月)及び今後の取組みについて

資料2

平成20年度以降の副作用拠出金率について(案)

参考資料1

救済業務委員会委員名簿

参考資料2

平成18事業年度医薬品による重篤かつ希少な健康被害者に係る QOL向上等のための調査研究事業報告書
【概要】【平成18事業年度報告書】

参考資料3

独立行政法人医薬品医療機器総合機構の平成18年度の業務実績の評価結果について

参考資料4

組織・業務全般の見直し(整理合理化計画)の経過等について

参考資料5

独立行政法人医薬品医療機器総合機構の組織・業務の見直し当初案について

参考資料6

経済財政改革の基本方針2007(抜粋)

参考資料7

独立行政法人の組織・業務全般の見直し(概念図)

参考資料8

独立行政法人整理合理化計画の策定に係る基本方針

参考資料9

抗インフルエンザ薬タミフルをめぐる状況の報告について

座席表

議事録

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000033623
0
平成19年度 第2回 救済業務委員会
/about-pmda/advisory-council-information/relief-services/0015.html
jpn