• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

ワークライフバランス制度利用者の声 2

三村 ありさ  三村 ありさ新薬審査第三部
2007年採用/薬学研究科修了




仕事の概要

 審査マネジメント部を経て、2012年10月から現所属
 PMDAの新薬審査各部では、各疾患領域等に応じた「審査チーム」があり、担当領域の新薬について承認審査業務や、治験相談業務などを行っておりますが、私は、中枢神経用薬及び末梢神経用薬(麻酔用薬を除く)を担当する「3分野の1」の審査チームに所属し、新薬の承認審査業務を担当しています。品質、薬理、薬物動態、毒性、臨床、生物統計の各担当者から構成される審査チーム内で議論を重ねながら審査を進め、審査報告書を作成しています。

育児の状況と利用制度

 現在4歳半の女児と2歳半の男児の育児中です。
 第1子のときも第2子のときもPMDAの産前・産後休暇及び育児休業制度を利用して休業した後、子供が0歳の年の4月に復帰いたしました。現在は、早出勤務制度を利用し、勤務時間を8:00~16:30に早め、退庁後子供を保育園に迎えに行っています。子供が病気のときは夫と交替でお休みしますが、回復期には病児保育の施設も利用しています。

仕事と家庭の両立

三村 ありさ  勤務時間に制限がありますので、フォローしていただく周囲の皆様に感謝しつつ、勤務中に集中して業務を進めるように心がけています。

 育児については思い通りにならず苦労したことばかりですが、子供の成長に伴って楽になってきました。今後も育児の壁はあるのでしょうが、長い目で見ると大変なのはほんの一時のはずと思っています。

メッセージ

三村 ありさ  PMDAは職員の平均年齢が若く、女性が多いので、育児中の女性職員は特別な存在ではなくなりつつあります。
 育児と仕事を両立させることは困難なことですが、育児そのものも試練の連続ですし、本人に仕事を継続させる意思があれば不可能ではないと思います。育児と仕事の両立をめざす方のPMDAでのご活躍をお待ちしています。

(所属は取材時のもの。)

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000024727
0
ワークライフバランス制度利用者の声 2
/recruit/0014.html
jpn