• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

事務補助員(医薬品・医療機器等の安全対策に係わる翻訳等業務の補助)の募集について

独立行政法人 医薬品医療機器総合機構

職務内容

  1. 医薬品・医療機器の安全対策に関する海外の規制機関情報や文献情報等(英語)の収集およびその和訳等に関する事務の補助業務
  2. 医薬品・医療機器に関する安全性情報(医薬品・医療機器等安全性情報、PMDA医療安全情報、行政文書等)の英語での提供業務の補助業務
  3. 1および2の業務に付随する内部関係者および外部団体との必要な連絡調整等の補助業務、およびその他必要な付随的業務

※当機構内における業務の繁閑や欠員等の諸事情により、部署や業務内容を変更する場合があります。

応募資格

下記1~3の全てに該当する方。

  1. 大学卒業以上の学歴を有する方で実務経験を有する、またはそれと同等と認める知識・経験を有すること
  2. 英語に関する資格(実用英語技能検定準1級以上またはTOEIC 860点以上)を有し、医薬関連の英文和訳・和文英訳の翻訳に関する実務が可能であること
  3. パソコン(ワード、エクセル、パワーポイント等)を用いて文書の作成ができること

※こちらの職務内容の募集に応募される場合は、現在募集中の他職務の事務補助員に同時応募することはできません。

採用人数

1名

採用時期

平成30年3月1日

契約期間

平成30年3月31日(更新の可能性あり。ただし、条件あり。)

処遇等

  1. 基本給: 技術 日額 9,860円 ~ 10,930円程度 (学歴、職務経歴等を勘案)
    ※あくまでも現行規程による平成28年度見込みであり、人事院勧告等に準拠して変動の可能性があります。
  2. 賞与: 6月・12月の年2回 勤務期間等に応じ支給します。
  3. 諸手当: 通勤手当 限度額は6ヶ月定期代で勘案して1ヶ月55,000円、住居手当 限度額は1ヶ月27,000円 (職員に準じています)
  4. 給与締切日: 毎月の末日
  5. 給与支払日: 原則給与締切日の翌月15日(休日の場合は前日)
  6. 勤務地: 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
           独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全第一部
  7. 勤務時間: 午前9時00分~午後5時30分 (休憩:12時00分から13時00分)
  8. 休日・休暇: 土・日曜日、国民の祝日、年末年始、年次有給休暇、育児休暇、介護休暇等
  9. 福利厚生: 健康保険、厚生年金、雇用保険、労災保険

退職に関する事項

  1. 契約期間が満了した場合、退職するものとします。
  2. 本人が退職を希望し、申し出を行い、理事長の承諾があった場合、退職できるものとします。
  3. 心身の著しい障害により、機構の業務に耐えられない場合等、一定の事項に該当するときは、解雇することができるものとします。
  4. 退職手当は支給しません。

応募に必要な書類

  1. 履歴書(市販の履歴書に最近撮影した顔写真を貼付)
  2. これまでの業務経験を記入した書面(様式は自由)
  3. 大学卒業証明書
  4. TOEIC等の成績証明書(写)
  5. 資格を有する場合は証明する書類

※書類に記載されている情報は、選考及び採用以外の目的には使用しません。

応募先

応募書類を下記宛てに郵送(簡易書留)してください。(直接持参でも結構です。)
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
  独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全第一部 企画管理課

応募期限

平成30年1月31日(水)必着
(注)郵送の場合は、封筒の表に「医薬品・医療機器等の安全対策に係わる翻訳等業務の補助」と朱書

選考方法

書類選考を行い、選考を通過された方には、後日面接を行いますので、日程等についてご連絡いたします。
面接時に、1ページ程度の英語の和訳、和文の英訳をしていただきます。

その他の留意事項

秘密保持義務

独立行政法人医薬品医療機器総合機構法の規定により、「機構の役員若しくは職員又はこれらの職にあった者は、その職務上知ることができた秘密を漏らし、又は盗用してはならない。」とする秘密保持義務が課せられています。

応募に関するお問い合わせ先

独立行政法人医薬品医療機器総合機構 安全第一部 企画管理課
〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル
  TEL:03-3506-9434

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved