• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

国立がん研究センター 中央病院

実施機関 国立がん研究センター 中央病院
ガイドライン 分子イメージング技術を活用した有効性・安全性に関する評価方法
主体 医薬品
総括研究代表者
(所属機関)
藤原康弘(国立がん研究センター中央病院 乳腺科・腫瘍内科)
副総括研究代表者
(所属機関)
濱田哲暢(国立がん研究センター研究所 新領域創成プロジェクトグループ 多層オミックス・バイオインフォーマティクス分野)
開始年度 平成24年度
事業概要
平成24年度末の評価会議に提出されたロードマップ及び成果*
報告 H25年度 平成25年度末の評価会議に提出されたロードマップ及び成果*
H26年度 実用化促進事業成果(H26.9月報告)
H27年度 H27年度ロードマップ及び成果
H28年度  
備考 *(ただし、公表可能なものに修正しています)
ここに掲載するロードマップ、成果及びその他の資料は、実用化促進事業の実施機関により作成されたものであり、医薬品医療機器総合機構の公式見解ではないことに留意してください。

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000025061
0
国立がん研究センター 中央病院
/rs-std-jp/facilitate-developments/0024.html
jpn