• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

日本薬局方関連業務

日本薬局方とは

 日本薬局方とは、医薬品の性状及び品質の適正を図るため、厚生労働大臣が薬事・食品衛生審議会の意見を聴いて定める公定文書です。
厚生労働大臣は、少なくとも十年ごとに日本薬局方の全面にわたって薬事・食品衛生審議会の検討が行われるように、その改定について薬事・食品衛生審議会に諮問しなければならないとされています。

日本薬局方とPMDAの役割

 平成16年4月のPMDAの設立に伴い、日本薬局方原案の作成をPMDAが行うこととされています。このため、PMDAでは、日本薬局方の原案作成審議に必要な体制を構築し、審議・作成を行っています。

(参考)

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000025323
0
日本薬局方関連業務
/rs-std-jp/standards-development/jp/0001.html
jpn