• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

Q3 ジェネリック医薬品についても医薬品副作用被害救済制度は適用されますか?

A3

医薬品副作用被害救済制度は、先発医薬品、ジェネリック医薬品のいずれにも適用されます。

 

解説

副作用被害救済のイメージ

 医薬品副作用被害救済制度は、医薬品を適正に使用したにもかかわらず発生した副作用によって、入院治療が必要な程度の疾病や障害などの健康被害を受けた方に対して、医療費などの給付を行う制度です。
 ただし、先発医薬品、ジェネリック医薬品にかかわらず、抗がん剤等、この制度の対象とならない医薬品があります。
 詳細は、医薬品医療機器総合機構のホームページでご案内しています。
 医薬品副作用被害救済制度



 

知っておきたい薬のはなし

ジェネリック医薬品

妊娠とくすり

授乳とくすり

食品とくすり

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000036238
0
Q3 ジェネリック医薬品についても医薬品副作用被害救済制度は適用されますか?
/safety/consultation-for-patients/on-drugs/qa/0009.html
jpn