• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

Q14 患者副作用報告についてわからないことがあった場合、どちらに問い合わせたらよいですか。

A14

 患者副作用報告について、入力方法や報告システムの不具合のお問い合わせは医薬品医療機器総合機構  安全第一部リスクコミュニケーション推進課 kanjahokoku-question@pmda.go.jpまでお願いいたします。
 医薬品の副作用を疑う症状についてご心配な場合は、処方した医師あるいは薬剤師にご相談ください。
 なお、PMDAや各都道府県の薬剤師会が開設している電話相談窓口(くすり相談)では、医薬品の副作用に関する情報を提供しています。 くすり相談についてはこちらのページをご覧ください。

患者副作用報告に関するQ&A

  1. Q1医薬品医療機器総合機構(PMDA)はどのような組織ですか。
  2. Q2なぜ患者から副作用報告を集めているのですか。
  3. Q3送信した報告データは、どのように取り扱われているのでしょうか。
  4. Q4どのような場合に報告した副作用報告に対して医療機関への調査は行われるのですか。医療機関への調査が行われる場合、どのように調査されるのですか。
  5. Q5今回報告した副作用報告について、調査の結果などを連絡してもらえるのでしょうか。
  6. Q6個人情報の取り扱いはどのようになっているのでしょうか。
  7. Q7一般用医薬品・要指導医薬品を服用後に生じた副作用についても報告可能ですか。
  8. Q8どのような副作用を報告すればよいでしょうか。軽症のものや、医療関係者から医薬品の副作用と診断されていない症状であっても報告してよいでしょうか。
  9. Q9現在通っている病院の了解がないと報告することはできませんか。
  10. Q10患者副作用報告システムを使って副作用報告をしたことは、医療機関に伝わるのでしょうか。
  11. Q11患者副作用報告を行ったが、受け付けられたかどうかはどのようにしたらわかりますか。
  12. Q12これまで、どのような副作用が報告されているか、過去に報告があった副作用についての情報はどこで得ることができますか。
  13. Q13医薬品の副作用等による健康被害を受けた場合の救済制度はあるのでしょうか。
  14. Q15報告内容を訂正したい場合はどうしたらよいですか。
  15. Q16住所やメールアドレスが変更となった場合、連絡は必要ですか。
  16. Q17報告した後に、報告を取り消したい場合はどのようにしたらよいですか。

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000040519
0
Q14 患者副作用報告についてわからないことがあった場合、どちらに問い合わせたらよいですか。
/safety/reports/patients/0016.html
jpn