• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷用の画面を、新規ウィンドウで開く
ここから本文です。

表1. 使用中は運転等をしてはいけない一般用医薬品・要指導医薬品の例

注意!

  • ここに挙げたくすりは一部の例です。購入するときや実際に使用するときは薬剤師に相談したり、パッケージの表示や説明書を確認してください。
  • また、成分の名称は必要に応じて薬剤師に確認してください。
くすりの種類 配合されると運転等の
障害となる成分
運転等の障害となる作用
かぜ薬 抗ヒスタミン薬 眠気
解熱鎮痛薬 ブロムワレリル尿素
アリルイソプロピルアセチル尿素
眠気
催眠鎮静薬 塩酸ジフェンヒドラミン(*1) 眠気が続く、だるさ
乗り物の酔い止め 塩酸メクリジンなどの抗ヒスタミン薬、または臭化水素酸スコポラミンなどの副交感神経遮断薬 眠気、
副交感神経遮断薬が配合されている場合はさらに 眼のかすみ、異常なまぶしさ
胃痛・腹痛の痛み止め 臭化水素酸スコポラミンなどの副交感神経遮断薬 眼のかすみ、異常なまぶしさなど
臭化水素酸スコポラミンなど一部の副交感神経遮断薬にはさらに 眠気
下痢止め 塩酸ロペラミド(*1) 眠気
鎮咳去痰薬 抗ヒスタミン薬 眠気
痔疾用飲み薬 抗ヒスタミン薬 眠気
薬用酒 (アルコール) (運転はできません)
アレルギー用の飲み薬 抗ヒスタミン薬 眠気
鼻炎用の飲み薬 抗ヒスタミン薬 眠気、
ベラドンナエキスなどの副交感神経遮断薬が配合されている場合はさらに 眼のかすみ、異常なまぶしさ など
鼻炎用の点鼻薬 フマル酸ケトチフェン(*1) 眠気

一般用医薬品・要指導医薬品添付文書の使用上の注意をもとに作成
*1:他の成分と配合されず、この成分のみのくすりです。

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000030708
0
表1. 使用中は運転等をしてはいけない一般用医薬品・要指導医薬品の例
/safety/consultation-for-patients/on-drugs/qa/0023.html
jpn