Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  • 画面を閉じる

医療用医薬品 詳細表示

エイゾプト懸濁性点眼液1%


処方せん医薬品


作成又は改訂年月
日本標準商品分類番号
日本標準商品分類番号等
薬効分類名
承認等
販売名エイゾプト懸濁性点眼液1%
承認・許可番号
薬価基準収載年月
販売開始年月
貯法・使用期限等
規制区分
組成
性状
一般的名称
禁忌
効能又は効果
用法及び用量
使用上の注意
慎重投与
重要な基本的注意
相互作用
併用注意
副作用
副作用等発現状況の概要
その他の副作用
高齢者への投与
妊婦、産婦、授乳婦等への投与
小児等への投与
適用上の注意
薬物動態
臨床成績
薬効薬理
有効成分に関する理化学的知見
包装
主要文献及び文献請求先
主要文献
**文献請求先・製品情報お問い合わせ先
製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

エイゾプト懸濁性点眼液1%


作成又は改訂年月

**2017年4月改訂(第9版)

*2016年4月改訂

日本標準商品分類番号

871319

日本標準商品分類番号等

再審査結果公表年月(最新)
*2012年3月

国際誕生年月
1998年4月

薬効分類名

眼圧下降剤

承認等

販売名
エイゾプト懸濁性点眼液1%

販売名コード

1319748Q1036

承認・許可番号

承認番号
21900AMX00906000
商標名
Azopt Ophthalmic Suspension 1%

薬価基準収載年月

2007年6月

販売開始年月

2002年12月

貯法・使用期限等

貯法

室温保存

使用期限

外箱及びラベルに表示 (3年)

規制区分

処方箋医薬品注)

注) 注意−医師等の処方箋により使用すること

組成

有効成分の名称

ブリンゾラミド

1mL中含量

10mg

添加物

カルボキシビニルポリマー、チロキサポール、D-マンニトール、エデト酸ナトリウム水和物、ベンザルコニウム塩化物、pH調節剤2成分、等張化剤

性状

pH

約7.5

浸透圧比

0.9〜1.2
(0.9%塩化ナトリウム液に対する比)

色調・性状

白色〜微黄白色の無菌懸濁性点眼液

一般的名称

ブリンゾラミド懸濁性点眼液

禁忌

(次の患者には投与しないこと)

1.
本剤の成分に対して過敏症の既往歴のある患者

2.
重篤な腎障害のある患者[使用経験がない。本剤及びその代謝物は、主に腎より排泄されるため、排泄遅延により副作用があらわれるおそれがある。]

効能又は効果

次の疾患で、他の緑内障治療薬が効果不十分又は使用できない場合: 緑内障、高眼圧症

用法及び用量

通常、1回1滴、1日2回点眼する。なお、十分な効果が得られない場合には1回1滴、1日3回点眼することができる。

使用上の注意

慎重投与

(次の患者には慎重に投与すること)

1.
肝障害のある患者[使用経験が少なく、安全性は確立していない。]

2.
角膜障害 (角膜内皮細胞の減少等) のある患者[安全性は確立していない。角膜内皮細胞数の減少により角膜浮腫の発現が増加する可能性がある。]

重要な基本的注意

1.
本剤は点眼後、全身的に吸収されるため、スルホンアミド系薬剤の全身投与時と同様の副作用があらわれるおそれがあるので注意すること。
重篤な副作用や過敏症の兆候があらわれた場合には、投与を中止すること。

2.
急性閉塞隅角緑内障患者に対して本剤を用いる場合には、薬物治療以外に手術療法などを考慮すること。

3.
本剤の点眼後、一時的に目がかすむことがあるので、機械類の操作や自動車等の運転には注意させること。

相互作用

併用注意

(併用に注意すること)

1. 薬剤名等 炭酸脱水酵素阻害剤 (全身投与)
アセタゾラミド等

臨床症状・措置方法
炭酸脱水酵素阻害剤の全身的な作用に対して相加的な作用を示す可能性があるので、異常が認められた場合には、投与を中止すること。

機序・危険因子
作用が相加的にあらわれる可能性がある。

2. 薬剤名等 アスピリン (大量投与)

臨床症状・措置方法
本剤を大量のアスピリンと併用すると、双方又は一方の薬剤の副作用が増強されるおそれがあるので、異常が認められた場合には、投与を中止すること。

機序・危険因子
アスピリンは炭酸脱水酵素阻害剤の血漿蛋白結合と腎からの排泄を抑制し、炭酸脱水酵素阻害剤は血液のpHを低下させ、サリチル酸の血漿から組織への移行を高める可能性がある。

副作用

副作用等発現状況の概要

*国内の第II相用量反応試験において、副作用は8.7% (6/69) に認められた。副作用は、角膜炎 (1.4%)、眼充血 (1.4%)、眼痛 (1.4%)、嘔気 (1.4%)、疲労 (1.4%)、赤血球数の減少 (1.4%) であった。
また、海外の臨床試験において、副作用は20.4% (354/1733) に認められ、主な副作用は、眼局所における霧視 (5.1%)、不快感 (2.8%)、異物感 (1.7%)、充血 (1.3%)、眼痛 (1.0%) であり、眼局所以外では、味覚倒錯 (7.9%)、頭痛 (1.2%) であった (承認時)。
市販後調査において、副作用は11.5% (56/486) に認められ、主な副作用は、点状角膜炎 (2.1%)、眼瞼炎 (1.2%)、角膜びらん (1.2%)、霧視 (1.2%)、眼刺激 (1.0%)、角膜障害 (1.0%) であった (再審査終了時)。

その他の副作用

*その他の副作用注1)
1. *  
0.1〜5%未満 
霧視、眼瞼炎、乾燥感、異物感、充血、眼脂、不快感、眼痛、眼刺激、そう痒感、結膜炎(アレルギー性結膜炎を含む)、疲れ目、眼瞼辺縁痂皮、角膜炎、角膜上皮障害(点状角膜炎、角膜びらん等)、べとつき感、流涙

2.   
0.1%未満 
角結膜炎、複視

3. *  
頻度不明注2) 
角膜浮腫

4. 消化器
0.1〜5%未満 
下痢、口内乾燥、消化不良、嘔気

5. 皮膚 
0.1〜5%未満 
脱毛、皮膚炎

6. 皮膚 
0.1%未満 
蕁麻疹

7. *皮膚 
頻度不明注2) 
発疹

8. その他
5%以上 
味覚異常(苦味、味覚倒錯等)

9. *その他
0.1〜5%未満 
頭痛、鼻炎、胸部痛、めまい、呼吸困難、咽頭炎、うつ病、鼻出血、咳嗽

10. *その他
0.1%未満 
緊張亢進、腎疼痛、疲労、赤血球数の減少、耳鳴

11. *その他
頻度不明注2) 
感覚鈍麻

上記のような症状又は異常があらわれた場合には、投与を中止するなどの適切な処置を行うこと。

注1)発現頻度は本剤の承認時までの国内外の臨床試験および特別調査の結果を合わせて算出した。

注2)国内の自発報告で認められている副作用は頻度不明とした。

高齢者への投与

一般に高齢者では生理機能が低下しているので注意すること。

妊婦、産婦、授乳婦等への投与

1.
動物実験で胎盤を通過することが報告されているので、妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない。]

2.
動物実験で乳汁中に移行することが報告されているので、授乳中の婦人には授乳を避けさせること。[授乳中の投与に関する安全性は確立していない。]

小児等への投与

低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない (使用経験がない)。

適用上の注意

1. 投与経路
点眼用にのみ使用すること。

2. 投与時
患者に対し次の点に注意するよう指導すること。

(1)
使用時、キャップを閉じたままよく振ってからキャップを開けて点眼すること。

(2)
点眼のとき、容器の先端が直接目に触れないように注意すること。

(3)
点眼に際しては、原則として仰臥位をとり、患眼を開瞼して結膜のう内に点眼し、1〜5分間閉瞼して涙のう部を圧迫させた後、開瞼すること。

(4)
他の点眼剤を併用する場合には、少なくとも10分以上間隔をあけてから点眼すること。

(5)
*本剤に含まれているベンザルコニウム塩化物は、ソフトコンタクトレンズに吸着されることがあるので、点眼時はコンタクトレンズをはずし、15分以上経過後装用すること1)

薬物動態

日本人の健常志願者 (男女) の両眼に本剤を1回1滴、1日2回、12週間点眼した時の赤血球中におけるブリンゾラミド濃度は18.4μmol/L、主代謝物であるN-デスエチルブリンゾラミド濃度は定量限界 (0.16μg/mL) 以下であり、赤血球中全炭酸脱水酵素 (CA) 及びII型炭酸脱水酵素 (CA-II) 活性は、それぞれ投与前の約51%及び約24%であった。また、赤血球中薬物濃度及びCA活性に性差は認められなかった2)

(参考)

(1)
外国人の中程度腎障害患者 (クレアチニンクリアランス値: 30〜60mL/min/1.73m2) にブリンゾラミド1mgを1日2回60週間経口投与した時、定常状態における赤血球中のブリンゾラミド及び主代謝物であるN-デスエチルブリンゾラミドの濃度は29.6μmol/L及び42.3μmol/Lであり、赤血球中全CA及びCA-II活性は投与前の約24%及び約3%であった3)

(2)
外国人の緑内障患者の両眼に本剤を1回1滴、1日2回又は1日3回、18ヵ月間点眼した時の赤血球中ブリンゾラミド濃度は、両投与方法で17.1μmol/Lであり、N-デスエチルブリンゾラミド濃度は2.52μmol/L (1日2回) 及び5.85μmol/L (1日3回) であった。また、18ヵ月後の赤血球中全CA活性は、投与前の約45% (1日2回) 及び約49% (1日3回) であり、両投与方法の間で有意な差はなかった。赤血球中のCA-II活性は、3ヵ月後では約41% (1日2回) 及び約28% (1日3回) であったが、18ヵ月後では約18% (1日2回) 及び約23% (1日3回) で両投与方法間で有意な差は認められなかった4), 5)

臨床成績

1. 国内で実施された臨床試験6)
原発開放隅角緑内障又は高眼圧症患者68例を対象とし、無作為化非盲検法で実施した用量反応試験において、眼圧下降率は、0.25%群13.4%、0.5%群14.9%、1%群17.9%、2%群18.2%で、有意な用量反応性が認められ、眼圧下降効果は1%群でプラトーに達していた。

2. 外国で実施された臨床試験

(1)
原発開放隅角緑内障又は高眼圧症患者を対象とし、二重盲検法で実施した用量反応試験において、眼圧下降率は、プラセボ群4.8%、0.3%群11.9%、1%群16.1%、2%群16.1%、3%群15.4%で、有意な用量反応性が認められ、眼圧下降効果は1%群でプラトーに達していた7)

(2)
開放隅角緑内障又は高眼圧症を対象とした、ドルゾラミド塩酸塩2%点眼液との二重盲検比較試験において、本剤1日2回単独投与時の眼圧下降値は、3.4〜5.7mmHg (各測定時点における平均値) であり、ドルゾラミド塩酸塩2%点眼液と同等 (非劣性) であった8), 9)。チモロールマレイン酸塩0.5%点眼液との併用療法による開放隅角緑内障又は高眼圧症を対象としたドルゾラミド塩酸塩2%点眼液との二重盲検比較試験において、本剤1日2回投与時の眼圧下降値は、3.6〜5.3mmHg (各測定時点における平均値) であり、ドルゾラミド塩酸塩2%点眼液と同等 (非劣性) であった10)。本剤の眼圧下降効果は、18ヵ月間の長期投与においても減弱しなかった5)

(3)
本剤単独投与時の眼圧下降値は、1日2回投与で3.4〜5.7mmHg (各測定時点における平均値)、1日3回投与で4.1〜5.6mmHg (各測定時点における平均値) と同等 (非劣性) であったが、1日3回投与の効果が若干高かった8), 9)

薬効薬理

1. 眼圧下降作用11)
レーザー線維柱帯形成術によって高眼圧症を誘発された12匹のカニクイザルにおいて、ブリンゾラミド1%懸濁液を1日2回点眼したところ、投与1、3、6及び12時間後の眼圧は24.7%、35.8%、26.5%及び23.5%下降した。

2. 炭酸脱水酵素阻害作用12)
本剤はII型炭酸脱水酵素 (CA-II) に親和性が高く、I型炭酸脱水酵素に比べ約95倍の結合能を示した。

3. 作用機序13)〜16)
炭酸脱水酵素 (CA) は多くの全身組織に存在し、CO2の加水反応及び炭酸の脱水という可逆性の反応を触媒する。ヒトの眼には複数の炭酸脱水酵素アイソザイムが存在するが、ブリンゾラミドは最も活性の高いCA-IIを選択的に阻害する。ブリンゾラミドは眼の毛様体中のCA-IIを阻害し、HCO3-の生成速度を低下させ、それに伴い、Na+及び水の後房への輸送を抑えることにより房水の分泌を抑制し、その結果眼圧を下げると考えられている。

有効成分に関する理化学的知見

一般名
ブリンゾラミド (brinzolamide)

化学名
(R )-4-(ethylamino)-3,4-dihydro-2-(3-methoxypropyl)-2H -thieno[3,2,e ]-1,2-thiazine-6-sulfonamide 1,1-dioxide

構造式

分子式
C12H21N3O5S3

分子量
383.51

融点 
約131℃

性状 
白色〜微黄白色の結晶又は結晶性粉末で、メタノールにやや溶けにくく、エタノール (99.5) に溶けにくく、水に極めて溶けにくい。

包装

5mL×10本

主要文献及び文献請求先

主要文献

1)
Christensen MT, et al.: CLAO J., 24 (4), 227-231, 1998

2)
社内資料: 外国人患者における長期単独点眼による赤血球中薬物濃度及び炭酸脱水酵素活性

3)
社内資料: 外国人中程度腎障害患者における反復経口投与時の薬物動態

4)
社内資料: 日本人及び外国人健康成人における経口投与及び点眼による薬物動態

5)
March WF, et al.: Am. J. Ophthalmol., 129 (2), 136-143, 2000

6)
北澤克明 他: 日本眼科紀要, 54 (1), 65-73, 2003

7)
社内資料: 外国人患者を対象とした第II相用量反応試験

8)
Sall K, et al.: Surv. Ophthalmol., 44 (Suppl 2), S155-S162, 2000

9)
Silver LH, et al.: Am. J. Ophthalmol., 126 (3), 400-408, 1998

10)
Michaud JE, et al.: Am. J. Ophthalmol., 132 (2), 235-243, 2001

11)
社内資料: 高眼圧サルにおける眼圧下降作用

12)
社内資料: ヒトI型及びII型炭酸脱水酵素に対する結合能

13)
中島正之: あたらしい眼科, 10 (6), 959-964, 1993

14)
Millar C, et al.: In Tasman W, et al. eds. Duane's Foundations of Clinical Ophthalmology, Vol. 2, Chap. 6, 1-51, Lippincott-Raven, New York, 1995

15)
Maren TH: J. Exp. Zool., 279 (5), 490-497, 1997

16)
佐藤清二: 小児科診療, 54 (7), 1513-1520, 1991

**文献請求先・製品情報お問い合わせ先

主要文献に記載の社内資料につきましても下記にご請求下さい。

アルコンファーマ株式会社 アルコンファーマダイレクト

〒105-6333 東京都港区虎ノ門1-23-1

フリーダイヤル 0120-067-719

受付時間 月〜金 9:00〜17:30(祝祭日及び当社休日を除く)

製造販売業者等の氏名又は名称及び住所

**販売提携
アルコン ファーマ株式会社

東京都港区虎ノ門1-23-1

**製造販売(輸入)
ノバルティス ファーマ株式会社

東京都港区虎ノ門1-23-1

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

画面を閉じる

Copyright © Pharmaceuticals and Medical Devices Agency, All Rights reserved.