Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  • 画面を閉じる

医療用医薬品 詳細表示

0.2%−アクリノール液


作成又は改訂年月

**2007年 3月改訂(第3版、薬局方改正に基づく改訂)

*2006年 3月改訂

日本標準商品分類番号

872619

日本標準商品分類番号等

再評価結果公表年月(最新)
1983年4月

薬効分類名

外皮用殺菌消毒剤

承認等

販売名
0.2%−アクリノール液

販売名コード

2619700Q2091

承認・許可番号

承認番号
*13800AZZ03737000

薬価基準収載年月

1963年11月

販売開始年月

1963年11月

貯法・使用期限等

貯   法:遮光した気密容器

使用期限:3年(容器に記載してある。) 

組成

有効成分の名称

**「日局」アクリノール水和物
含量
100mL中アクリノール水和物0.2g含有する。

性状

黄色の液で、においはなく、収れん性の苦味がある。

効能又は効果

効能又は効果/用法及び用量

1. 化膿局所の消毒
泌尿器・産婦人科術中術後、 化膿性疾患(せつ、よう、扁桃炎、副鼻腔炎、中耳炎)

0.05〜0.2%の液として使用する。

2. 口腔領域における化膿局所の消毒

0.05〜0.1%の液で含嗽する。

使用上の注意

副作用

副作用等発現状況の概要

.
 
本剤は使用成績調査等の副作用発現頻度が明確となる 調査を実施していない。

その他の副作用

1. 皮膚(注1)
頻度不明 
塗布部の疼痛、発赤、腫脹、潰瘍、壊死

2. 過敏症(注2)
頻度不明 
発疹等

1.
(注1)このような症状があらわれた場合には投与を中止し、 適切な処置を行うこと。

2.
(注2)異常が認められた場合には使用を中止すること。

適用上の注意

1.

外用にのみ使用し、内服しないこと。

薬効薬理

.

グラム陽性菌・陰性菌に有効で、特に連鎖球菌、ウェルシ ュ菌、ぶどう球菌、淋菌に対し、静菌及び殺菌作用がある。 作用機序は、生体でアクリジニウムイオンとなり細胞の呼 吸酵素を阻害するといわれている。生体ににほとんど刺激 を与えず、血清やたんぱく質の存在下でも殺菌作用は低下 しない。

有効成分に関する理化学的知見

1.
一般名

**アクリノール水和物

2.
性状

黄色の結晶性の粉末で、においはなく、収れん性の苦味 がある。熱湯に溶けやすく、水にやや溶けにくく、エタノール (95)に溶けにくく、ジエチルエーテルにほとんど溶けない。

取り扱い上の注意

1.

衣類に付着すると黄色に変色し、脱色しにくいので注意す ること。
《配合変化》:Clイオンの共存する場合、濃度による塩酸塩 の析出することがある。

包装

.
500 mL 

主要文献及び文献請求先

主要文献

1)
第十五改正日本薬局方解説書 2006, (廣川書店)

文献請求先

純生薬品工業株式会社 学術企画室

〒101-0032 東京都千代田区岩本町一丁目13番5号

電話番号
03-3862-3151

FAX番号
03-3862-3154

製造業者又は輸入販売業者の氏名又は名称及び住所

*製造販売元
純生薬品工業株式会社 

〒101-0032 東京都千代田区岩本町一丁目13番5号

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

画面を閉じる

Copyright © Pharmaceuticals and Medical Devices Agency, All Rights reserved.