Pmda 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構
  • 画面を閉じる

一般用医薬品・要指導医薬品 詳細表示

項目 内容
医薬品区分 一般用医薬品
薬効分類 内用痔疾用薬
承認販売名
製品名 ヘモリンド舌下錠
製品名(読み) ヘモリンドゼッカジョウ
製品の特徴 ●舌の下で溶かして服用する,舌下錠タイプのいぼ痔用薬です(飲み込まない)
●有効成分が,吸収性の高い舌の裏の粘膜から吸収され,血液にのって,いぼ痔の内側に直接届きます
●いぼ痔の原因であるいぼ内部の根(うっ血)を小さくしていきます
使用上の注意
■相談すること
1.次の人は服用前に医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
 (1)医師の治療を受けている人
 (2)妊婦又は妊娠していると思われる人
 (3)薬などによりアレルギー症状を起こしたことがある人
2.服用後,次の症状があらわれた場合は副作用の可能性があるので,直ちに服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること

[関係部位:症状]
皮ふ:発疹・発赤,かゆみ
消化器:食欲不振,吐き気・嘔吐,口内炎様の症状,腹部膨満感

3.服用後,次の症状があらわれることがあるので,このような症状の持続又は増強が見られた場合には,服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
 軟便,下痢
4.1ヶ月位服用しても症状がよくならない場合は服用を中止し,この文書を持って医師,薬剤師又は登録販売者に相談すること
効能・効果 内痔核,外痔核の症状の緩解
効能関連注意
用法・用量 次の量を空腹時に舌下間で服用してください

[症状の名称:1回量:服用回数]
急性症:2錠:1日4回
一般症状:1錠:1日3回
慢性症:第1日 2錠:1日4回
慢性症:第2日 2錠:1日3回
慢性症:第3日以降 1〜2錠※:1日3回

※慢性症の方は第3日以降,状態をみながら1回1錠に減量してください
●15才未満は服用しないこと

[症状の名称:症状]
急性症:激しい痛みと,出血,腫れ,かゆみ,違和感等を伴う症状
一般症状:急性症の激しい痛みが緩和した後の排便時の痛み,出血,腫れ,かゆみ,違和感等を伴う症状
慢性症:長期にわたり,排便時の痛み,出血,腫れ,かゆみ,違和感等を伴う症状

用法関連注意 (1)定められた用法・用量を厳守すること
(2)かみ砕いたり,のみ込んだりしないでください(効果が低減します)
(3)舌の下で自然に溶かして口腔の粘膜から吸収させてください
●空腹時の目安:食後なるべく2時間以上
成分分量 1錠中
成分分量
静脈血管叢エキス0.18mg
添加物 D-マンニトール,セルロース,白糖,カゼイン製ペプトン,カルメロース(CMC),マクロゴール,タルク,ステアリン酸マグネシウム,乳糖
保管及び取扱い上の注意 (1)直射日光の当たらない湿気の少ない涼しい所に保管すること
(2)小児の手の届かない所に保管すること
(3)他の容器に入れ替えないこと(誤用の原因になったり品質が変わる)
(4)本剤をぬれた手で扱わないこと
〈錠剤の取り出し方〉
錠剤の入っているPTPシートの凸部を指先で強く押して,裏面のアルミ箔を破り,取り出して服用すること(誤ってそのまま飲み込んだりすると食道粘膜に突き刺さる等思わぬ事故につながる)
消費者相談窓口 会社名:小林製薬株式会社
問い合わせ先:お客様相談室
電話:0120-5884-01
受付時間:9:00〜17:00(土・日・祝日を除く)
製造販売会社 東菱薬品工業(株) 添付文書情報: J0601003630_04_A.pdf
会社名:東菱薬品工業株式会社
住所:〒100-0006 東京都千代田区有楽町1-10-1
販売会社 小林製薬(株) 添付文書情報: J0601003630_04_B.pdf
剤形 錠剤
リスク区分 第2類医薬品

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

画面を閉じる

Copyright © Pharmaceuticals and Medical Devices Agency, All Rights reserved.