• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

平成29年度 第2回 救済業務委員会

開催案内

公開・頭撮り可

(1) 日時

 平成29年12月18日(月) 14:00~16:00

(2) 場所

 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 14階西側会議室21~25
 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

(3) 議題

  1. 平成28事業年度業務実績の評価結果について
  2. 平成29年度のこれまでの事業実績と最近の取組みについて
  3. 平成30年度以降の副作用拠出金率・感染拠出金率について(案)
  4. その他

(4) 傍聴者の受付

 30名程度(応募者多数の場合は抽選を実施)
 

 傍聴を希望する方は、FAX又は電子メールにより、別紙様式にご記入のうえ1211日(月)までに独立行政法人医薬品医療機器総合機構(連絡先等詳細は下記)までお申し込み下さい。
 ※電話での申し込みはお受けいたしません。

  • 応募者多数の場合は抽選を実施します。
  • 抽選の結果、傍聴できない方は、12月14日(木)までに連絡いたします。
  • 傍聴可能な方に対しましては、特段連絡はいたしません。

    ※報道関係傍聴者は、原則として1社につき1名とさせていただきますのでご了承ください。

(5) 独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 運営評議会 救済業務委員会について

別紙1  運営評議会設置規程
別紙2  運営評議会運営規程
別紙3  委員名簿

(6) 連絡先

 住所

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2
独立行政法人 医薬品医療機器総合機構 健康被害救済部 企画管理課

 TEL

03-3506-9460

 FAX

03-3506-9439

 メールアドレス

kaitou_●_pmda.go.jp
(※迷惑メール防止対策をしているため、_●_を半角のアットマークに置き換えて送信ください。)

議事次第・資料

  1. 開会
  2. 理事長挨拶
  3. 議題

(1)平成28事業年度業務実績の評価結果について
(2)平成29年度のこれまでの事業実績と最近の取組みについて
(3)平成30年度以降の副作用拠出金率・感染拠出金率について(案)
(4)その他

  1. 閉会
 

配布資料

議事次第

座席図

資料1

平成28事業年度における業務実績評価結果について

資料2-1

平成29年度のこれまでの事業実績と最近の取組みについて

資料2-2

医薬品副作用被害救済制度の研修(制度説明)に関するアンケート調査集計結果

資料3

平成30年度以降の副作用拠出金率・感染拠出金率について(案)

資料4-1

特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第IX因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法の一部改正について(厚生労働省通知)

資料4-2

C型肝炎救済特別措置法の一部改正に伴うPMDA広報の取組み

参考資料1

独立行政法人医薬品医療機器総合機構が実施する健康被害救済制度に関する集中広報の周知について(協力依頼)(H29.10.10厚労省副対室長通知)

参考資料2

医薬品副作用被害救済制度等の広報について(協力依頼)(H29.10.10 PMDA理事長通知)

参考資料3

【栗原委員提出資料】重篤副作用疾患別対応マニュアル改訂に関する意見(薬被連から厚生労働大臣あて意見書

参考資料4

救済業務委員会委員名簿

参考資料5

運営評議会設置規程


 

議事録

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000045174
0
平成29年度 第2回 救済業務委員会
/about-pmda/advisory-council-information/relief-services/0048.html
jpn