• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷用の画面を、新規ウィンドウで開く
ここから本文です。

臨床医学担当の人事交流について

 医薬品等の開発を目的に臨床試験を計画し実施するには、医薬品、医療機器、再生医療等製品に関する審査の他、安全対策や信頼性調査に関する知識・経験を要します。このため、PMDAでは、臨床試験の推進を行う大学、医療機関からPMDAへの医師・歯科医師の人事交流を推進しています。
 

 人事交流者の方には、臨床医学担当として、薬学、統計、毒性等の様々な専門性を有するチームの一員となって審査等に従事し、臨床試験での有効性や安全性の評価方法、データの解釈、実臨床への適用や情報提供の方法などを、臨床経験に裏打ちされた最新の知識に基づいて検討する役割を担っていただきます。また、PMDAでの勤務期間中に、信頼性調査や安全対策の業務など、PMDAでしかできない審査等以外の業務にも関わっていただくことが可能です。これにより、出口戦略を明確化した質の高い臨床試験を実施することができるリーダーとなる専門人材を育成し、人事交流元で活躍していただくことが人事交流の目的です。




 大学・医療機関等で、医師・歯科医師の人事交流(PMDAへの出向)を検討する場合については、下記にお問い合わせください
 
独立行政法人医薬品医療機器総合機構 総務部人事課 医師人事交流担当
電話:03-3506-9427
電子メール:doctors●pmda.go.jp (●を半角のアットマークに置き換えてください)
※担当の職員(医師)が個別にお問い合わせに応じます。
(参考情報)PMDA採用情報ページ「技術系専門職職員(臨床医学担当)の募集について

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved