• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷用の画面を、新規ウィンドウで開く
ここから本文です。

薬事・食品衛生審議会において公知申請に係る事前評価が終了し、薬事承認上は適応外であっても保険適用の対象となる医薬品

このページに掲載されている情報については、今後、薬事申請が行われるものであり、治療に用いる場合には、必ず事前評価報告を十分ご理解いただいた上でご利用ください。
この情報はPMDAメディナビとして、電子メールで配信しています。本情報をタイムリーに把握することを希望する方はPMDAメディナビ登録をおすすめします。登録する方はこちらを クリック してください。
 
 
要望された医薬品 追加又は変更予定の効能・効果
(該当箇所)
追加又は変更予定の用法・用量 事前評価報告書 保険適用日
一般名 販売名 会社名、
法人番号
ブスルファン ブスルフェクス点滴静注用60mg 大塚製薬株式会社、7010001012986 同種造血幹細胞移植の前治療
ユーイング肉腫ファミリー腫瘍、神経芽細胞腫、悪性リンパ腫における自家造血幹細胞移植の前治療

(既承認の内容から、効能・効果について変更はない。)
他の抗悪性腫瘍剤との併用において、成人にはA 法又はB法、小児にはC法又はD法を使用する。なお、患者の状態により適宜減量する。

D法:ブスルファンとして以下の体重別の投与量を3時間かけて点滴静注する。本剤は1日1回、4日間投与する。

(実体重:投与量)
9kg未満:4.0mg/kg
9kg以上16kg未満:  4.8mg/kg
16kg以上23kg以下:4.4mg/kg
23kg超34kg以下:3.8mg/kg
34kg超:3.2mg/kg
表示 令和3年1月29日
ミコフェノール酸 モフェチル セルセプトカプセル250及び同 懸濁用散31.8% 中外製薬株式会社、5011501002900 造血幹細胞移植における移植片対宿主病の抑制 成人:通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回250~1,500mg を1日2回12時間毎に食後経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日3,000 mgを上限とし、1日3回食後経口投与することもできる。
小児:通常、ミコフェノール酸 モフェチルとして1回300~600mg/m2を1日2回12時間毎に食後経口投与する。
なお、年齢、症状により適宜増減するが、1日2,000 mgを上限とする。
表示 令和3年1月27日
ニトロプルシドナトリウム水和物 ニトプロ持続静注液6mg、ニトプロ持続静注液30mg 丸石製薬株式会社、8120001089922 急性心不全(慢性心不全の急性増悪期を含む)、高血圧性緊急症 通常、小児には1分間に体重1kg当たりニトロプルシドナトリウム水和物として0.5μg/kg/分の投与速度で投与を開始し、過度の血圧低下に注意しながら徐々に増量して目的とする血行動態を得るまで循環動態をモニターしながら投与速度を調節する。通常、3.0μg/kg/分以下の投与速度で目的とする血行動態が得られ、それを維持することができる。最高投与速度は10μg/kg/分を限度とする。また、開始投与速度は年齢、症状により適宜減量する。
令和3年1月27日
 

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000027611
0
薬事・食品衛生審議会において公知申請に係る事前評価が終了し、薬事承認上は適応外であっても保険適用の対象となる医薬品
/review-services/drug-reviews/review-information/p-drugs/0017.html
jpn