• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

GMP適合性調査業務

PMDAでは、新医薬品、生物学的製剤、遺伝子組み換え技術応用医薬品等のリスクの高い製造所(海外を含む)に対して、その製造設備や製造管理手法が医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理に関する基準であるGMP(Good Manufacturing Practice)に適合し、適切な品質のものが製造される体制であるかどうかを実地や書面により調査しています。
本ページからリンクされる英語の文書は全て仮翻訳のため、外国製造業者への説明の際にはあくまで参考資料としてご活用ください。

医薬品等適合性調査の申請に当たって提出すべき資料について

別紙1 新規適合性調査申請に当たって提出すべき資料
別紙2 定期適合性調査申請に当たって提出すべき資料
別紙3 宣誓書
別紙4 宣誓書
Attachment3 Statement
Attachment4 Statement
様式1 当該製造所における調査対象品目等に関する概要
Form1 当該製造所における調査対象品目等に関する概要(英語版)
様式2 医薬品製造所概要(国内製造所用)
様式3 医薬品製造所概要(外国製造所用)
チェックリスト1
チェックリスト2
別紙5 手順書等のリスト
Attachment5 List of Procedures, etc
 

外国製造業者向けに作成したGMP適合性調査の概要

製造所変更迅速審査申請に関する事務連絡等

PIC/S-GMPガイドラインに関する事務連絡等

治験薬GMP証明書の発給手続き関連

無菌医薬品に関する事務連絡等

(厚生労働科学研究)GMP、QMS、GCTP及び医薬品添加剤のガイドラインの国際整合化に関する研究について

GMP、QMS、GCTP及び医薬品添加剤のガイドラインの国際整合化に関する研究の一貫として、「医薬品製造所における品質マネジメントシステムの活用及び医薬品品質システムの取り組みに関する研究」を実施しました。

 本研究は、医薬品品質システム及びその活動の実現のための重要な要素である品質リスクマネジメントの考え方を国内の製造所に広く導入する仕組みを提案することを目的とした研究です。

 研究の成果物として、医薬品品質システムの導入のための基本的な手順書である品質マニュアル、品質マネジメントレビュー手順書及び品質リスクマネジメント手順書を、また、品質リスクマネジメントの活用を促進させるためのツールとしてリスクアセスメントシートを作成しました。これらの成果物を広く活用していただくことを目的として、ホームページで公開します。活用にあたっては以下の点をご理解ください。
 医薬品製造所の製造管理及び品質管理の実態は、製造所ごとに異なります。したがって、成果物をそのまま採用するのではなく、製造所の実態に応じて活用していただくことを想定しています。また、リスクアセスメントシートには様々な事例が組み込まれています。特定のリスクに関するリスク低減策は一つではありません。実質的に有効なリスク低減策を提案するためのヒントやきっかけとして活用していただくことを想定しています。

新医薬品の承認審査時におけるGMP適合性調査の進捗状況の確認について

別紙1

SMF(Site Master File)のモックについて

 GMP、QMS、GCTP及び医薬品添加剤のガイドラインの国際整合化に関する研究の一環としてSMFのモックを作成し、製薬協主催のAPAC(Asia Partnership Conference of Pharmaceutical Associations)にてアジア当局(インドネシア、韓国、台湾、タイ)のコンセンサスを得ることができました。製造所におけるSMFの作成のための参考資料として広く活用していただくことを目的としてホームページで公開します。
 活用にあたっては、医薬品製造所の製造管理及び品質管理の実態は製造所ごとに異なりますので、成果物をそのまま採用するのではなく、製造所の実態に応じてご活用ください。

参考

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000035986
0
GMP適合性調査業務
/review-services/gmp-qms-gctp/gmp/0001.html
jpn