ここから本文です。

アジア医薬品・医療機器トレーニングセンター

アジア医薬品・医療機器トレーニングセンターとは

 PMDAは、新たな国際戦略として2015年6月に公表した「PMDA国際戦略2015」に基づき、2016年4月1日に「アジア医薬品・医療機器トレーニングセンター(略称:PMDA-ATC)」を新設しました。
 このトレーニングセンターでは、PMDAがこれまでに培った知識・経験を活用し、アジア諸国の規制当局の要望に応じて、規制当局の担当者向けの研修を提供します。研修の内容は、各国での規制の基盤整備に必要な情報(例えば、医薬品・医療機器の審査や、市販後の安全対策の業務に関する情報等)に関する基礎的な講義や、実際の製造施設の協力を得て、模擬的な立入調査を経験するプログラム等を予定しています。
 トレーニング/セミナーの開催案内等は随時「シンポジウム・ワークショップ」の英文サイトに掲載されますので、そちらをご参照ください。
 

 PMDAは、トレーニングセンターの取組を通じて、アジアを中心とした規制水準の向上やその調和を推進するとともに、協力体制をより一層強化していきます。
 




 

セミナー一覧

オンライン教材


 

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000044701
0
アジア医薬品・医療機器トレーニングセンター
/int-activities/training-center/0001.html
jpn