ここから本文です。

RAPS Convergence 2021での医療機器関連講演(ワークショップ等)のお知らせ

 Regulatory Affairs Professionals Society(RAPS)は、規制当局、アカデミア、医薬品・医療機器業界等から広く専門家が集まり、薬事関連製品に関する最新のレギュラトリーサイエンスの情報交換・教育の場として、1976年より継続的に活動が行われています。
 毎年、RAPSの年会には多くの国から約2,000名の参加者を集めており、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)は、主に日本の医療機器規制等に関する情報発信を行っています。
 今回、令和3年9月12~15日に開催されるRAPS Convergence 2021にて、PMDA/厚生労働省(MHLW)が主導する日本の医療機器規制に関するワークショップの他、複数のセッションで講演を行うこととしていますので、お知らせいたします。(日米HBD(Harmonization by Doing)のセッションでは、米国FDAの担当職員も参加します。)

日時及びワークショップ等タイトル

日時
(日本時間)
タイトル
令和3年9月10日(金)
2:00~9:00
Pre-conference Workshop: Japan Regulatory Essentials of MDs/IVDs - Seeking Innovation into the Regulation
令和3年9月13日(月)
23:00~24:00
Health Authority Forum: Japan
令和3年9月13日(月)
23:00~24:00
Points for Conducting an Effective Global Clinical Trial Through Experiences in US-Japan HBD Collaborative Activities

 

開催方法

オンライン(講演はWebinar形式、一部のパネルディスカッションとQ&AはLIVE形式)
 

参加登録

参加を希望される方は、以下のリンクからご登録ください。

https://www.raps.org/convergence-2021/register

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved