• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

使用上の注意改訂情報(平成30年3月27日指示分)

111 全身麻酔剤

【医薬品名】プロポフォール

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の

 「妊産婦」

を削除し、[妊婦、産婦、授乳婦等への投与]の項のヒト胎児への移行に関
する記載を

  「妊婦又は妊娠している可能性のある女性には、治療上の有益性が危険性
   を上回ると判断される場合にのみ投与すること。(本剤は
胎児へ移行する
   ため、新生児の呼吸抑制等があらわれることがある。)

と改める。


117 精神神経用剤

【医薬品名】アセナピンマレイン酸塩
                  アリピプラゾール
                  オランザピン
                  クエチアピンフマル酸塩
                  クロカプラミン塩酸塩水和物
                  クロルプロマジン塩酸塩
                  クロルプロマジン塩酸塩・プロメタジン塩酸塩・
                        フェノバルビタール
                  クロルプロマジンフェノールフタリン酸塩
                  スピペロン
                  ゾテピン
                  チミペロン
                  ハロペリドール
                  パリペリドン
                  ピパンペロン塩酸塩
                  フルフェナジンデカン酸エステル
                  フルフェナジンマレイン酸塩
                  ブレクスピプラゾール
                  プロクロルペラジンマレイン酸塩
                  プロクロルペラジンメシル酸塩
                  プロペリシアジン
                  ブロムペリドール
                  ペルフェナジン
                  塩酸ペルフェナジン
                  ペルフェナジンフェンジゾ酸塩
                  ペルフェナジンマレイン酸塩
                  ペロスピロン塩酸塩水和物
                  モサプラミン塩酸塩
                  リスペリドン(経口剤)
                  レボメプロマジン塩酸塩
                  レボメプロマジンマレイン酸塩

 

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の「アドレナリンを投与中の患者」の記載を

  「アドレナリンを投与中の患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救
      急治療に使用する場合を除く)


と改め、[相互作用]の「併用禁忌」の項の「アドレナリン」の記載を

  「アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

と改める。

(注)クロカプラミン塩酸塩水和物、クロルプロマジン塩酸塩、クロルプ
ロマジンフェノールフタリン酸塩、スピペロン、ゾテピン、チミペロン、
ハロペリドール、ピパンペロン塩酸塩、フルフェナジンデカン酸エステ
ル、フルフェナジンマレイン酸塩、プロクロルペラジンマレイン酸塩、プ
ロクロルペラジンメシル酸塩、プロペリシアジン、ブロムペリドール、ペ
ルフェナジン、塩酸ペルフェナジン、ペルフェナジンフェンジゾ酸塩、ペ
ルフェナジンマレイン酸塩、モサプラミン塩酸塩、レボメプロマジン塩酸
塩、レボメプロマジンマレイン酸塩に関して、患者向医薬品ガイドを作成
する医薬品に特定する。


117 精神神経用剤

【医薬品名】アリピプラゾール水和物
                  パリペリドンパルミチン酸エステル
                  ハロペリドールデカン酸エステル
                  リスペリドン(注射剤)

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の「アドレナリン、クロザピンを投与中の患者」の記載を

  「アドレナリン(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用す
      る場合を除く)
、クロザピンを投与中の患者」

と改め、[相互作用]の「併用禁忌」の項の「アドレナリン」の記載を

  「アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

と改める。

(注)ハロペリドールデカン酸エステル、リスペリドン(注射剤)に関し
て、患者向医薬品ガイドを作成する医薬品に特定する。


117 精神神経用剤

【医薬品名】クロザピン

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の「アドレナリン作動薬を投与中の患者」の記載を

  「アドレナリン作動薬(アドレナリン、ノルアドレナリン)を投与中の
      患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救急治療に使用する場合を
      除く)


と改め、[相互作用]の「併用禁忌」の項の「アドレナリン作動薬」の記載


  「アドレナリン作動薬[アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に
      使用する場合を除く)
、ノルアドレナリン]」

と改める。


117 精神神経用剤

【医薬品名】ブロナンセリン

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の「アドレナリン、アゾール系抗真菌剤、HIVプロテアーゼ
阻害剤、テラプレビル、コビシスタットを投与中の患者」の記載を

  「アドレナリンを投与中の患者(アドレナリンをアナフィラキシーの救
      急治療に使用する場合を除く)

    「アゾール系抗真菌剤(イトラコナゾール、ボリコナゾール、ミコナゾ
     ール、フルコナゾール、ホスフルコナゾール)、HIVプロテアーゼ阻害
     剤(リトナビル、インジナビル、ロピナビル・リトナビル配合剤、ネ
     ルフィナビル、サキナビル、ダルナビル、アタザナビル、ホスアンプ
     レナビル)、テラプレビル、コビシスタットを投与中の患者」

と改め、[相互作用]の「併用禁忌」の項の「アドレナリン」の記載を

  「アドレナリン(アナフィラキシーの救急治療に使用する場合を除く)

と改める。


245 副腎ホルモン剤

【医薬品名】アドレナリン
                   (各種疾患もしくは状態に伴う急性低血圧又はショック時の
                     補助治療の効能を有する製剤)

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の「ブチロフェノン系・フェノチアジン系等の抗精神病薬、
α遮断薬」の記載を

     「次の薬剤を投与中の患者
       ブチロフェノン系・フェノチアジン系等の抗精神病薬、α遮断薬(た
       だし、アナフィラキシーショックの救急治療時はこの限りでない。)


と改め、[相互作用]の「併用禁忌」の項の抗精神病薬、α遮断薬に関する
記載を

  「抗精神病薬(ブチロフェノン系薬剤、フェノチアジン系薬剤、イミノ
       ジベンジル系薬剤、ゾテピン、リスペリドン)、α遮断薬〔臨床症状・
       措置方法:本剤の昇圧作用の反転により、低血圧があらわれることが
       ある。アナフィラキシーショックの救急治療時以外には併用しな
       い。
〕」

と改める。


245 副腎ホルモン剤

【医薬品名】アドレナリン
                   (蜂毒、食物及び薬物等に起因するアナフィラキシー反応に
                     対する補助治療の効能を有する製剤)

【措置内容】以下のように使用上の注意を改めること。

[禁忌]の項の

  「次の薬剤を投与中の患者(ブチロフェノン系・フェノチアジン系等の
       抗精神病薬、α遮断薬)」

を削除し、[相互作用]の「併用禁忌」の項の

  「抗精神病薬(ブチロフェノン系薬剤、フェノチアジン系薬剤、イミノ
       ジベンジル系薬剤、ゾテピン、リスペリドン)、α遮断薬」

を削除し、「併用注意」の項に

  「抗精神病薬(ブチロフェノン系薬剤、フェノチアジン系薬剤、イミノ
       ジベンジル系薬剤、ゾテピン、リスペリドン)、α遮断薬


を追記する。

 

>前のページに戻る

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000045476
0
使用上の注意改訂情報(平成30年3月27日指示分)
/safety/info-services/drugs/calling-attention/revision-of-precautions/0330.html
jpn