ここから本文です。

「医薬品に果たす品質の役割」に関する米国薬局方(USP)-MHLW/PMDA共同ワークショップ

 新型コロナウイルスの感染拡大という危機的状況のもと、医薬品に果たす品質の重要性はより明確になりました。高品質な医薬品を医療現場に届けるためのサプライチェーンが製造所の閉鎖、輸送インフラの破綻、代替品への切替え対応などの大きな困難に直面した結果、既存の手法の変革が急速に進められています。米国薬局方(USP)、日本薬局方(JP)等の薬局方は、医薬品品質を確保し、医療現場で安心して医薬品を使用いただけるよう、医薬品原薬、製剤、添加剤、包装に対する規格とその試験方法の標準化を通じて、この危機的状況に協働して取り組んでいます。また、USPと厚生労働省(MHLW)、独立行政法人医薬品医療機器総合機構(PMDA)及びJPはこれまで長きに亘る協力関係にあり、世界の公衆衛生に貢献すべく効果的なパートナーシップ関係を発展させてきました。
 このような背景から、USPとMHLW/PMDAは日本国内及び東アジア地域に向けて、「医薬品に果たす品質の役割」に関する共同ワークショップの開催を予定しています。本ワークショップは、USPとMHLW/PMDAが担う医薬品の品質確保のための取組みだけでなく、新型コロナウイルスの感染拡大等の現下の危機や変化への対応、製薬業界、行政機関及び薬局方の将来的な危機対応や業務への影響について発信し議論することを目的としています。

 ワークショップでは、サプライチェーンの脆弱性に関する分析と、強固なサプライチェーンを確保するためにUSPとMHLW/PMDA/JPが果たすべき役割について議論する予定です。また、将来的にUSPとMHLW/PMDA/JPの連携の候補となり得る新しい領域として、不純物管理、定量的NMR法の利活用、バイオ医薬品の標準(モノクローナル抗体、オリゴヌクレオチド等)などのセッションを検討しています。さらに、ICH-Qトピックとしても議論が進められている連続生産、分析法バリデーション、不純物(変異原性不純物の管理を含む)などの議論も検討しています。

 今回のワークショップでは、USPとMHLW/PMDAの活動について最新の情報を提供させていただけると考えておりますので、是非ご参加ください。

日時

令和3年6月16日(水)、17日(木)

会場

Virtual Meeting (若干名、日比谷国際ビル コンファレンス スクエア(https://hibikoku.tokyo/)から参加可能)

参加対象者

主に、国内及び東アジア地域の製薬業界、アカデミア及び規制当局関係者。
医療従事者、患者さまのご参加も歓迎いたします。

主催・後援

主催:厚生労働省、独立行政法人 医薬品医療機器総合機構、米国薬局方(USP)
技術後援:一般社団法人 日本PDA製薬学会

プログラム(案)

日本語・英語間の同時通訳あり。

 1日目:令和3年6月16日
  AM Opening Session
      Session on ‘Policy’
  PM Session on ‘Science’

 2日目:令和3年6月17日
  AM Session on ‘Communication’
      Key Note

参加申込み

参加登録:令和3年3月頃開始予定
参加費用:無料

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

  • 問い合わせ先
  • 地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved