• このページをよく見るページ一覧に追加する
  • 本文のみ印刷する
ここから本文です。

カルタヘナ法に係る申請

 遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(カルタヘナ法)に基づき、第一種使用等(法第2条第6項の拡散防止措置を執らないで行う使用等)を行おうとする場合は、主務大臣(厚生労働大臣及び環境大臣)の承認が必要です。また、産業利用上の第二種使用等(法第2条第6項に示めされている、施設、設備その他の構造物の外の大気、水又は土壌中への遺伝子組換え生物等の拡散を防止する意図をもって行う使用等)を行おうとする場合は、主務大臣(厚生労働大臣)の確認が必要です(ただし、運搬や保管のみの場合、GILSP告示に定められたGILSP遺伝子組換え微生物の使用等を除きます)。

 
カルタヘナ法に係る申請手続きについて
 

 PMDAでは、第一種使用等の承認第二種使用等の確認に関する審査等を行っています。

法人番号 3010005007409

〒100-0013 東京都千代田区霞が関3-3-2 新霞が関ビル

地図・交通案内

Copyright © 独立行政法人医薬品医療機器総合機構 All Rights Reserved

000030782
0
カルタヘナ法に係る申請
/review-services/drug-reviews/cartagena-act/0003.html
jpn